2016 / 06 / 29

ビートルズ来日50周年「立版古」ペーパージオラマ

ブログアップが来日直前(すでに当日、、)になってしまいましたが(50年前の今頃はアンカレッジから機中のビートルズに思いを馳せつつ、、)、今年、来日50周年を記念したBeatlesグッズ企画のなかで「来日記念立版古ペーパージオラマ」企画があったのですが、諸事情(ほとんどは私の力不足、努力足らずです、、)で製品化が実現しませんでした。せめて、50年前の到着前(あと1時間ちょいです、、)にブログにてお見せ出来ればと、、。
実は、企画としては、昨年から用意等してまして、イギリスApple社および日本での商品化管理をされている会社さんのほうにも見て頂き、大変評価して頂き、Beatlesサイドとしては基本「GO!」サインを頂いていた経緯があります。ですので、Abbey Road、Sgt Pepper'sに続き「Beatles立版古第3弾」で何とか実現出来たらと予定していたのですが、ご覧いただけますように、Beatles / Apple以外の権利クリアーが色々と(多方面で)必要な企画になってまして、、、その辺りでの当方の努力も足らず、また制作面でも時間切れといった感じで、残念ながら製品化でのご案内に至りませんでした。 Apple社担当者さんにも「残念な結果ですが、企画関連newsとしてブログ等で報告してもいーですか?」とお訊きし「オッケー」とのことで、あくまでパーソナルな「遊びでの制作」話として書かせていただきます。
架空の「キット」としては「2 in 1」キット(2つ作れて1,000円とかで!)で、大胆にも歴史的場面ともいうべき「来日時JALハッピでタラップの図」と「武道館(初日)公演の図」に挑戦しようとしました。発売中のAbbey Road、Sgt Pepper'sの完成品に較べると少し小振りに感じるくらいのサイズです。
製品化に向けてブラッシュアップしていませんので、画像も造りも粗いままの手作りダミーですが、こんな感じです。

RAINICHI50.jpg



まずは感激の「JAL(29日早朝3:44着、MATSUSHIMA号)タラップでJAL法被着て手を振るの図」ですが、台風でアラスカ/アンカレッジ(当時はヨーロッパから直で来られなかった時代、、)で足止めされたてしまい、11時間も遅れて早朝/深夜に到着したため、ファンは空港立ち入り禁止で、手前の右手「残業中のJALスチュワーデスさん」と「左手の警備っぽい人たち」しかいません。ちゃんと作り込みませんでしたが、基本は、この「真っ暗な中、疲れてるだろうに元気に手を振ってくれてるビートルズ!」っていう思いで作りました。 当時の参考写真などは、基本白黒がメインでしたが、こまめにチェックしますとメンバーの衣装の色等も分かって来ましたので、コラージュ&合成した白黒画像になるべく忠実に色を乗せました。もしも本チャン製品企画が進んだ場合には、かなり精度を上げられたらと思っていたものです。 作りながら「当時はアーティスト自ら手荷物持つんだ〜、、」などと思いつつ、、メンバーそれぞれの「カバンの趣味」も興味深いです。天面は、今日物議をかもしている「大英帝国ユニオンジャック」です、、。

HANEDA_01.jpg

HANEDA_02.jpg

「武道館公演」バージョンは、更にラフな試作段階のものですが、昨今のステージ、舞台美術からは信じられないほど簡単なもので、忠実に試作してみたら身もふたもない感じだったので、何とか「THE BEATLES」の背景サインを内側に廻し込んだりして、何とか面白さを出そうとしてみました。ただ、製品化するのであれば、もっともっとアイデアを入れるべきだったと思います。 ちなみに、このステージは、いちおうこだわりとして「日本人が初めて見た生身のビートルズ」ってことで、テレビ放映された(7月1日?)のものではなく、本当の初日の「6月30日の夜」のものにしてみました。ステージ衣装もテレビ放映のものとは違うバージョンです。天面は(諸々の権利無視ですが、、)やはり30日のものを捏造して配置しました。 場面としては、ポールとジョージが1本のマイク(グラグラしていたと有名な、、)で歌い、ジョンが脚ひらいて歌い上げる「I FEEL FINE」のつもりです。 細かいですが、作っていて気づいたのですが、初日の「VOXアンプ」の積み方は、ちょっと違います。あと、ご存知の通り、結局使わなかった「VOXのエレキオルガン(USツアーでジョンがヒジで弾くやつ?)」も置いてあります。 前面フレームの「たまねぎシルエット」は、やっぱちゃんとした権利に該当するようです。
冗談で試した「超個人的テレビのなかのビートルズ」もオマケで(苦笑) でも、もちろん、当時は白黒でした(あと、30日のものは放映されてません、、)

BUDOKAN_01.jpg

BUDOKAN_02.jpg

TV.jpg


Abbey, Sgtのキットにも入れてありますが、これにも「ミニギフトカード」付けられたらと思い、試作では「ホテルカンヅメ」のメンバーが描いた有名な「絵」をあしらってみました。これまた権利が微妙っぽいですね(苦笑)

CARD.jpg

こんな感じで、結局製品化には至りませんでしたが、色々調べたりしながらの制作はメチャクチャ楽しく、個人的にはたっぷりと「祝来日50周年」の時間が過ごせました。 製品化になっていますAbbey Road、Sgt Pepper'sも、日本国内で色々とご案内頂いているのに加え、今ではBeatles本国のイギリス、それも、リヴァプールのBeatlesショップ、Abbey Roadスタジオのオフィシャルショップ他での扱いもスタートしてもらっています。 今後も色々企画していますので、遅々たる進捗ですが「Beatles立版古企画」を今後ともよろしくお願いします!

ぎりで「羽田到着前」のアップロードでした、、。

*次回、もう2年以上前に発売した「Sgt Pepper's Tatebanko」の「メイキングブログ」を予定してますー!







この記事へのトラックバック | trackback
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。